ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

宇宙から地球表面の健康診断をする

GCOMプロジェクト笠原 希仁

Q.笠原さんが現在担当されているお仕事を教えてください。

A.2007年4月、プロジェクト化されたばかりの地球環境変動観測ミッション(GCOM:Global Change Observation Mission)で、AMSR2(アムサーツー)というセンサの開発を担当しています。このGCOMは、宇宙から地球の環境変動をグローバルに観測することが目的で、いってみれば、宇宙から地球表面の健康診断をするようなものです。地球の現状をきちんと診断した上で、治療方法や将来の症状を予測するためには、長期間での観測が必要となるため、GCOMは10~15年といった長期間での観測を計画しています。まずは水循環に関する観測をするGCOM-W1(2011年度打上げ予定)の開発に取りかかっていますが、長期に渡る観測のためGCOM-Wシリーズの衛星は、全部で3基を予定しています。ちなみに、GCOM-WのWは、WaterのWです。

Q.AMSR2とは、どういったセンサですか?

正式な名前は、高性能マイクロ波放射計といいます。ときどきテレビなどで、人の身体の体温を色分けしたサーモグラフィの画像を目にすることがありますが、これは赤外線を利用して感知し、画像にしています。AMSR2は、これと似たような方法で、私たちの目には見えないけれど地球の表面や海面、大気などから自然に放射されているマイクロ波とよばれる電磁波を、6つの周波数帯で観測して、サーモグラフィのようなカラフルな画像にし、この画像を分析することによって、気象予測や地球温暖化の研究に利用することができます。

Q.地球の体温計のようなものですか?

そうですね。でも測れるのは体温だけではなく、水蒸気、雲、降水量、積雪、海氷など水循環に関する広範囲な観測ができますから、地球の水資源の管理に役立ちます。たとえば、土壌の水分量や海水の温度といった環境条件は、植物の生育に影響してきます。海洋、陸上ともに、私たちの食料資源の基礎を担っているのは植物や植物プランクトンですから、こうした食料資源管理の基礎情報を正確に把握することは、とても重要なことだと思います。 

Q.ほかには、どんなことに役に立ちますか?

現在、国際間でさかんに議論されている地球温暖化の研究に貢献することができます。地球温暖化の影響が最も早く現れるのは、高緯度地方の積雪や海氷だといわれていますが、近年、北極海に浮かぶ海氷は急速に縮小しつつあります。GCOMは、極域の積雪、海氷分布の変動を長期間・継続的に観測し、地球温暖化のわずかな兆候も見逃すことなくとらえることができます。また、GCOM-Wの観測データが天気予報に活用され、豪雨や台風進路予報などの精度向上に役立つことや、広い地域を高い頻度で均質に観測できる人工衛星の特徴を活かして、台風や原野火災などの自然災害の監視、大気汚染微粒子や黄砂の飛来監視にも威力を発揮することなどがあげられます。

Q.AMSR2のすごいところは?

担当しているセンサのAMSR2は、自然に放射されているマイクロ波を観測するものですが、この強度が非常に微弱なものなんです。しかもこの微弱なマイクロ波を、地上700kmで正確に受信しなければなりません。求められている精度は、海面温度0.5度の精度で知ること。また、宇宙から広範囲で高精度の観測をするためには、1.5秒間に1回転のペースで地表面を円弧状に走査し、1回の走査で約1,450kmもの幅を観測することになります。この走査方法によってAMSR2はわずか2日間で地球上の99%以上の場所を観測することができるんですが、そのために、AMSR2のアンテナの直径は衛星搭載用の観測センサとしては世界最大の約2m、回転部分は高さが約2.7mで、重さが約250kgもあります。AMSR2は、このような大きくて重いアンテナ部分を、1.5秒間に1回転という速さで、1日24時間、5年以上も休まずに回転し続けるんです。本当に、働き者のセンサです!

Q.AMSR2は、GCOMの心臓部分なんですね。

まさに・・・。心臓部分を任されているわけですから、ひしひしと責任を痛感する毎日です。AMSR(ADEOS2搭載)、AMSR-E(Aqua搭載)に続いて3番目のセンサですから、周囲からの期待が非常に高い分、プレッシャーもあります。

Q.笠原さんが宇宙の仕事を志した理由はなんですか?

子供の頃から、“動くものを作る”ということに興味がありました。自動車のエンジンからはじまって、どうせならできるだけ遠くにいける“動くもの”として、ロケットのエンジンに興味が移り、さらに社会に役立く仕事に携わりたいという思いから、衛星開発にいたりました。就職活動のときのOB訪問で、JAXAの先輩たちがやりがいのある仕事を楽しそうにしていると感じたことも大きな理由です。

Q.趣味を教えてください。

司馬遼太郎などの歴史小説にはまっています。休みの日は、古本屋に歴史小説を物色にいくのが好きです。以前は、10年近くアメフトで汗を流していましたが、いまは練習場所が遠くなってしまったので、少しお休み中です。でもいい仕事をするためには、やっぱり体力が要りますから、近くをジョギングしたりして身体作りに励んでいます。

Q.最後に一言お願いします。!

少しでも多くの皆さんに、GCOMのこと、AMSR2のことを知ってほしいと思っています!

過去のインタビュー一覧

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP