ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

無限の可能性を秘めたプロジェクト

みちびきプロジェクトマネージャ寺田 弘慈

準天頂衛星システム(QZSS ; Quasi-Zenith Satellite System)は、日本付近で常に天頂方向に1機の衛星が見えるように複数の衛星を準天頂軌道に配置した衛星システムにより、山間地、ビル陰に影響されず、全国をほぼ100%カバーする高精度の測位サービスの提供を実現するシステムです。文部科学省、総務省、経済産業省、国土交通省およびJAXAをはじめとする関連の研究機関で研究開発を行う大変重要な国家プロジェクトです。また、米国のGPSとの協力のもとで成り立っており、さらにはアジア太平洋地域の国々にもサービスを提供できるため、国際的なプロジェクトでもあります。

測位サービスといえば、カーナビやGPS機能を搭載した携帯電話の普及により、衛星を使って測位情報を得る便利さはなくてはならない存在になりました。しかしながら、日本の都市部は高い建物が多く、GPS衛星の可視条件が悪く、測位精度の劣化が度々おこります。都市部での測位精度の劣化は、カーナビで道に迷ったりするという大きなデメリットとなります。これを解消するのが準天頂衛星システムというわけです。

測位情報の利用は、交通管制、測量等の公共的な分野のみならず、カーナビやマンナビ、さらには、犯罪防止や救難、交通事故を未然に防ぐ等、個人生活の安全・安心の向上に寄与するなど、国土情報の基盤として、測量・地図、輸送、交通、農林・漁業、建設、防犯等にいたるまで、幅広い利用が見込まれ、無限の可能性を感じています。

プロフィール

画像:みちびきプロジェクトマネージャ 寺田 弘慈

寺田 弘慈(てらだ・こうじ)

これまで、きく6号、きく8号の衛星開発プロジェクト、地球観測衛星の利用推進業務に従事。

関連情報

過去のインタビュー一覧

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP