ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

'Quick is Beautiful'で努力を

GPM/DPR プロジェクトマネージャ小嶋 正弘

水は私たち人間だけでなく、全ての地球上の生命にとって欠かせないものです。そういう意味で、少し大げさな言い方かもしれませんが、GPM/DPR(ジーピーエム/ディーピーアール)は「命を育むプロジェクト」なのだと私は思っています。いわば地球に存在するありとあらゆる生命に関わるプロジェクトに携わっているという使命感を持って臨んでいます。

私はこのプロジェクトに関わる以前にも、TRMMをはじめとするさまざまな人工衛星プロジェクトに参加してきました。そこでの経験は全て現在の私の糧となる非常に貴重なものでしたが、中でも二度の打上げ失敗はとても大きな経験でした。数年かけて全身全霊で打ち込んできたプロジェクトが一瞬にして無になってしまう。もちろん非常に辛い経験でしたが、宇宙は常に新しいチャレンジの連続であるということの厳しさと、厳しさの中で最先端の技術に挑戦することの重要性を、改めて強く認識しました。

GPM/DPRプロジェクトの前身であるTRMMは成功を収め、現在も非常に良い成果を出し続けています。GPM/DPRプロジェクトには、TRMMで培った経験を活かしてさらに技術的な改善を加え、降水観測の新たな地平を切り拓くという非常に重要なミッションが与えられています。特にニ周波降水レーダは、TRMMで私が開発に携わった世界で初めての衛星搭載用降雨レーダを更に高精度にしたもので、日本の得意な技術を活かした高度な技術を盛り込んでいます。TRMMよりさらにスケールアップしたGPM/DPRプロジェクトで、これらの新しい技術が花開き、日本の存在感や役割を世界に示すことができる‐その日を楽しみに、強い責任感を持ってプロジェクトを進めていきます。

プロフィール

画像:GPM/DPR プロジェクトマネージャ 小嶋 正弘

小嶋 正弘(こじま・まさひろ)

中学生の頃、アポロの月面着陸や、日本初の人工衛星「おおすみ」の数度の失敗を経た打ち上げ成功に感動。漠然とした憧れを持つ。
大学では数理工学を専攻。ビッグプロジェクトのダイナミズムに惹かれ、NASDA(現JAXA)へ入社。
TRMMやMT-SATなどのプロジェクトを経て、GPM-DPRプロジェクトへ。

関連情報

過去のインタビュー一覧

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP