ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

通信をする衛星(情報通信測位分野)

超高速インターネット衛星
「きずな」(WINDS)

日食中継イベント!
JAXAでは、「きずな」を使って日食の様子を生中継します。
今世紀最大の日食を思う存分楽しもう!

2009年7月22日、今世紀最大の日食が起こります。
日本では、全国で部分日食を観測することができます。
また、硫黄島、奄美大島北部、トカラ列島では、46年ぶりに日本の陸地で皆既日食が観測できます。
JAXAでは、この日食に合わせ、超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)を通じて、硫黄島で起こる皆既日食映像、父島の小笠原村からの木もれ日映像を、東京丸の内オアゾにあるJAXAiと筑波宇宙センターにてライブで2元中継する上映会を開催します。

当日、JAXAiでは、科学ジャーナリスト寺門和夫さん、筑波では、JAXA職員による解説も予定しています。
楽しい夏休みの最初の思い出に、人工衛星「きずな」を使った日食生中継をご覧になってはいかがですか?
(※当日の天候状況等によっては、日食観測そのものに支障が生じる可能性がございますので、予めご了承ください。)

きずな生中継(その1)

皆既日食映像を生中継!

硫黄島で観測できる皆既日食の様子を開始から終了まで生中継します。
今世紀最大の皆既日食をお見逃しなく。

きずな生中継(その2)

木もれ日生中継!

木もれ日とは、木々の間から差し込む日光のこと。
公園の樹木の下や山で当たり前のように目にするこの木もれ日に、日食の影がどのように写るかを、父島小笠原村から生中継します。
JAXAでは、全国各地から木もれ日写真を募集する「みんなで木もれ日を撮ろう」キャンペーンも実施しています。
木もれ日キャンペーンについては、日食の観察 「みんなで木もれ日を撮ろう」キャンペーンについて(外部リンク)をご覧ください。

日時及び上映会場

日時:
平成21年7月22日  10:30 ~ 12:15
硫黄島での皆既日食の時間帯は 11:25 ~ 11:30 ごろです。
会場:
  • 1.情報センターJAXAiミニシアター/ギャラリーゾーン(東京丸の内オアゾ内)
         アクセスについては、情報センターJAXA i(外部リンク)をご覧ください。
  • 2.筑波宇宙センター 記者会見室
         アクセスについては、筑波宇宙センター(外部リンク)をご覧ください。

画像:JAXA/NICT共同開発 - 超高速インターネット衛星「きずな」による多地点中継

◆超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)については、こちらをご覧ください。

◆日食はなぜ起きるの?といった疑問については、日食と月食(外部リンク)のページをご覧ください。

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP