ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

運用が終了した衛星

熱帯降雨観測衛星
「TRMM」

2007年以前の最新情報

2007年11月14日
熱帯降雨観測衛星(TRMM)などを用いた「世界の雨分布速報」の公開について

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の地球観測研究センター(EORC)では、熱帯降雨観測衛星(TRMM)などの地球観測衛星の観測データを用いて、準リアルタイム(観測後約4時間)での高分解能の世界の雨量の分布図を作成し、その画像をインターネット上に公開することとしましたので、お知らせいたします。

詳しく読む(JAXAプレスリリース)

2007年10月25日
熱帯降雨観測衛星(TRMM)10周年公開シンポジウム 「変わりゆく地球と雨」の開催について

宇宙航空研究開発機構(JAXA)、情報通信研究機構(NICT)、米国航空宇宙局(NASA)は、熱帯降雨観測衛星(Tropical Rainfall Measuring Mission:TRMM)が、今年、観測10年目の節目を迎えるのを記念し、標記シンポジウムを開催しますので、ご案内申し上げます。

詳しく読む(JAXAプレスリリース)
熱帯降雨観測衛星(TRMM)10周年公開シンポジウム「変わりゆく地球と雨」開催の結果について

2005年1月5日
TRMMの運用期間延長について

米航空宇宙局 (NASA) は、2004年末まで運用を延期していたTRMMにつき、更に本年春まで運用を継続する旨、発表しましたのでお知らせ致します。

詳細はJAXAプレスリリースをご覧ください。
NASA News - "Nasa Will Operate TRMM Satellite Through Spring 2005."

2004年9月3日
公開講演会「宇宙から雨を測る」

公開講演会「宇宙から雨の測る」国際的なTRMMデータ利用研究の発表の場となる第2回TRMM国際科学会議を開催するに当たり、これまでのTRMMの成果を研究者のみならず広く一般の方々にも理解していただくために、国内外の専門家を招聘して公開講演会を開催いたします。 日時: 2004年9月5日 (日)
場所: 奈良県新公会

詳細はEORCの公開講演会のお知らせをご覧ください。

2004年8月30日
第2回TRMM国際科学会議の開催について

本会議は、2002年7月のハワイでの第1回会議に引き続き開催するものです。 この間、米国NASAでの降水サイエンスチームの発足や、JAXA におけるTRMM研究公募の実施など、新たな研究活動の進展が見られました。このような中、本会議では、日米を中心とする科学者によりこれまでのTRMM研究成果を発表するとともに、その到達点の確認を目的とします。 特に、降雨推定精度や潜熱加熱プロダクトの現状について十分な議論を行うとともに、GPMを含めた全球降水観測についても展望します。
日時: 2004年9月6日 (月)~10日 (金)
場所: 奈良県新公会堂

詳細はTRMM国際科学会議公式ページをご覧ください。

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP