ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球を見る衛星(地球観測分野)

全球降水観測計画/二周波降水レーダ
「GPM/DPR」

2014年2月17日

アジア開発銀行主催)
発展途上国における宇宙技術を活用した防災対策講演会のお知らせ

アジア開発銀行が「途上国開発に宇宙技術を活用しよう」というテーマで講演会を行います。JAXAが整備したGSMaP(衛星全球降水マップ)は発展途上国の洪水予測のために活用されています。講演会ではアジア開発銀行の村木専門官がGSMaPを始めとした日本の先端宇宙技術が途上国支援にどのように活かされているのかを、現場の体験談を交えてお話します。

日時:2014年2月21日(金) 19:00~20:30
場所:東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル8階 アジア開発銀行研究所内・セミナールーム
参加費:無料

ご応募はこちら(アジア開発銀行HPに移動)
http://www.adb.org/forms/remote-sensing-project-seminar

本件に対する問い合わせ先
アジア開発銀行・駐日代表事務所
広報官・望月 章子(amochizuki@adb.org)

(参考)
アジア開発銀行駐日代表事務所のFacebookページ
https://www.facebook.com/adbjapan
(2014年1月より「RSDD村木専門官の活動日誌」と題しまして、ADBの宇宙技術を途上国開発で活用する取り組みについて紹介しておりますのでご参照ください。)

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP