ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球を見る衛星(地球観測分野)

全球降水観測計画/二周波降水レーダ
「GPM/DPR」

2012年4月2日

「DPR」のNASA引渡し

3月30日、米国航空宇宙局(NASA)ゴダード宇宙飛行センター(GSFC)にて、全球降水観測計画(GPM計画)の主衛星に搭載される二周波降水レーダ(DPR)を、NASAに引き渡しました。

ゴダード宇宙飛行センターに到着したDPR
ゴダード宇宙飛行センターに到着したDPR
写真提供:NASA
  引渡書署名式
引渡書署名式
写真提供:NASA

[出席]
JAXA
GPM/DPRプロジェクトチーム
小嶋プロジェクトマネージャ
三浦主任開発員
改井主任開発員
百束開発員

NASA
地球科学事業部 フライトプログラム サブディレクター スティーブ・ニーク(Steve Neeck)
GPMプロジェクトサイエンティスト アーサー・ハウ(Arthur Hou)
GPMプロジェクトマネージャ アート・アサバーディン(Art Azarbarzin)
GPMプロジェクトサブマネージャ  キャンダス・カーライル(Candas Carlisl)

DPRを搭載したGPM主衛星は、これからGSFCにてシステム試験を実施します。その後、日本に輸送され、平成25年度に種子島宇宙センターからH-ⅡAロケットで打ち上げられます。

DPRは、TRMMに搭載した降雨レーダ(PR)の技術を応用した世界最先端の精度を誇る降水観測装置です。DPRの観測データを基準として、GPM主衛星や国際協力パートナ(衛星群)の観測データを校正し、組み合わることで、3時間毎の全球降水観測を実現します。

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP