ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球を見る衛星(地球観測分野)

全球降水観測計画/二周波降水レーダ
「GPM/DPR」

2011年9月9日

新しいDPRロゴが決まりました

DPR(Dual-frequency Precipitation Radar:二周波降水レーダ)は、JAXAが(独)情報通信研究機構(NICT)と協力して開発する世界最先端の降水レーダで、NASAとJAXAが協力して進めているGPM(Global Precipitation Measurement:全球降水観測)計画の核となる非常に重要な観測装置です。   GPM

(c)NASA

DPRロゴは、力強いカリグラフィ(筆文字)を採用することで、DPRが日本が世界に誇る最先端技術であることを表しています。墨の流れは「水」や「雨」を連想させ、雨の観測に特化した観測装置であるDPRを表現するものとなっています。
logo
DPRロゴ和英併記タイプ

logo
DPRロゴ英文タイプ

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP