ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球を見る衛星(地球観測分野)

温室効果ガス観測技術衛星
「いぶき」(GOSAT)

2014年5月27日

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の観測停止と再開について

平成21年1月より運用を行っている温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)は、平成26年5月25日午前8時(日本時間)頃、2枚ある太陽電池パドルのうち1枚のパドル回転が停止し、発生電力が約半分となったため、観測を自動的に停止しました。太陽電池パドル以外の衛星状態は正常です。
なお、発生電力が約半分であっても、定常観測運用に必要な電力を確保できることから、5月30日(金)を目途に観測を再開する見込みです。
JAXAとしては、今回パドルの回転が停止した理由を解析し、今後の衛星設計の更なる高度化に生かしていきたいと考えています。

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP