ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球を見る衛星(地球観測分野)

水循環変動観測衛星
「しずく」(GCOM-W)

2012年7月04日

「しずく」搭載センサAMSR2の
観測データ取得について

   宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、平成24年5月18日午前1時39分(日本時間)に種子島宇宙センターから打ち上げた第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)は、 6月29日にA-Train軌道に投入された後、搭載している高性能マイクロ波放射計「AMSR2」(アムサー・ツー)のアンテナ部を毎分40回転まで回転させ、7月3日より、地球の観測を開始しました。取得した画像のいくつかをお知らせします。

プレスリリース(http://www.jaxa.jp/press/2012/07/20120704_shizuku_j.html
しずく特設サイト(http://www.jaxa.jp/countdown/f21/live/missionphoto_j.html

【図1】AMSR2による地球全体の疑似カラー合成画像
【図1】

 図2は、図1の日本周辺の領域を拡大したものです。「しずく」は7月3日午後1時頃(日本時間)に日本の上空を通過しました。このとき、日本の上空には梅雨前線が停滞し、 四国の東側や近畿東海にかけて黄白色の領域が広がっており、広い範囲で強い雨が降っていたことがわかります。また、日本の東の海上には低気圧による水蒸気と雲の分布が、水色と紺色の渦状にみられます。

【図2】AMSR2による日本域の疑似カラー合成画像
【図2】

 図3は、7月3日午前8時頃から7月4日午前9時頃(日本時間)の北極海の海氷分布図です。 「しずく」は極地方上空を100分に1回通過するため、北極海全体を毎日観測することが可能です。白色が濃い領域は海氷に覆われていることを示し、海は青色、陸地は灰色、観測されていない領域は黒色で表されています。 近年北極海航路が注目されていますが、ロシア沿岸を航行する北東航路、およびカナダ・アラスカ沿岸を航行する北西航路のいずれについても、すでに一部の海域で海氷がなくなっている様子が捉えられています。

【図3】AMSR2による北極域の海氷分布
【図3】

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP