ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球を見る衛星(地球観測分野)

水循環変動観測衛星
「しずく」(GCOM-W)

2012年4月4日

「しずく」(GCOM-W1)を報道機関に公開(種子島宇宙センター)

4月4日(水)種子島宇宙センターにおいて、第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)を報道関係の皆様に公開しました。
「しずく」(GCOM-W1)は、高性能マイクロ波放射計2(AMSR2)を搭載。降水量、水蒸気量、海洋上の風速や海面水温、土壌水分量、海の氷の面積、積雪の深さなどを観測します。「しずく」が観測したデータは、地球環境変動の研究や気象予測、漁業などに活用されることが期待されています。「しずく」は今後、5月18日の打ち上げに向け最終準備作業に入る予定です

第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)   「しずく」(GCOM-W1)を報道機関に公開

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP