ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球を見る衛星(地球観測分野)

気候変動観測衛星
「しきさい」(GCOM-C)

2011年7月11日

GCOM-C1 構造モデルの正弦波振動試験を実施

GCOM-C1 構造モデルの正弦波振動試験を実施しました。この試験は、ロケット打ち上げの際に発生する振動を模擬した正弦波振動を与え、衛星の構造部材及び搭載機器が耐えられるかどうかを検証するものです。試験は無事終了し、耐性に異常がないことを確認しました。
なお、構造モデルとは、ロケット打ち上げ時の振動環境だけでなく、音響環境、衛星分離時の衝撃、太陽電池パドル展開時の衝撃などに対する衛星本体及び搭載機器の耐性を確認するため、衛星を機械的に模擬したものです。


GCOM-C1 構造モデルの正弦波振動試験を実施

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP