ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

運用が終了した衛星

技術試験衛星VIII型
「きく8号」(ETS-VIII)

2008年1月28日

技術試験衛星VIII型「きく8号」のイオンエンジン異常について

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、平成18年12月18日15時32分(日本時間)に種子島宇宙センターから打ち上げた技術試験衛星VIII型「きく 8号」においては、軌道制御を行うスラスタとしてイオンエンジンを搭載しています(北側・南側にA系統・B系統の各2基ずつ)。当該イオンエンジンのうち A系統の南側スラスタAについて、平成20年1月15日に噴射できない異常が発生し、これまで調査を行ってきましたが、A系統の電源部(電源A)に問題があることが判明しました。

詳しく読む(JAXAプレスリリース)

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP