ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球を見る衛星(地球観測分野)

陸域観測技術衛星2号
「だいち2号」(ALOS-2)

2018年8月6日

センチネルアジア ラオス洪水 災害地図
(提供先情報を追加)

JAXAは、7月25日のセンチネルアジアからの要請を受けて、「だいち2号」(ALOS-2)によるラオス南東部のダム決壊による洪水被害の緊急観測を行いました。 観測したデータは、アジア災害予防センター(Asian Disaster Preparedness Center: ADPC)、 南洋工科大学(Nanyang Technological University - Earth Observatory of Singapore)、山口大学、 国際水管理研究所(International Water Management Institute)およびアジア工科大学が解析し、浸水域地図等の情報が提供されました。

センチネルアジア ラオス洪水 災害地図

「だいち2号」の観測データは、宇宙技術によるアジア太平洋地域の災害活動の支援を目的とした、宇宙機関・防災機関・国際機関により構成された国際的な協力枠組み「センチネルアジア」を通じて提供されました。


だいち2号による緊急観測対応

  • 観測要請機関: アジア災害予防センター(ADPC)
  • 観測要請日:平成30年7月25日
  • 観測モード:高分解能
  • 観測日 1回目:平成30年7月26日、2回目:平成30年7月27日
  • データ提供日 1回目:平成30年7月26日、2回目:平成30年7月27日
  • 災害地図提供開始日:平成30年7月26日

アジア災害予防センター(ADPC)より提供された災害地図。
水域(災害による浸水だけでなく、河川なども含む)を青色で表示。
(SAR画像の特徴から、暗い(反射が低い)領域を水域と推定)



国際水管理研究所(IWMI)より提供されたダム周辺の水域の変化。
(左図:災害前(7月17日)、右図:災害後(7月25日))
水域(黒部分)がダムの決壊によって小さくなっている。



センチネルアジアの活動については、以下をご参照ください。
https://sentinel.tksc.jaxa.jp/announce/2012/07/26/
SECRisis0001201207260001/ANNUAL/SA_Annual_Report_2016.pdf


この災害地図は、JAXAから国際協力機構(JICA) ラオス事務所にも提供され、在ラオス日本国大使館を通じて、ラオスの政府機関や国際機関にも提供されています。

関連リンク:
・ラオスにおける水害被害に対する国際緊急援助-物資供与-
・ラオスにおける水害被害に対する国際緊急援助-供与物資の引渡し-

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

人工衛星プロジェクト

地球観測衛星

通信測位衛星

運用が終了した衛星

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP