ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球を見る衛星(地球観測分野)

陸域観測技術衛星2号
「だいち2号」(ALOS-2)

2016年11月29日

イタリア宇宙庁との実施協力の締結について

JAXAとイタリア宇宙庁(ASI)は、災害時の衛星による共同観測体制を強化し、衛星データの実利用を一層定着させるため、「災害監視に資する衛星観測に関する協力の実施協定」を11月25日に締結しました。

2009年から、JAXAとASIは、災害時の観測頻度を向上させることを目的にして、衛星データを相互に融通しあう協力関係を継続してきました。この協力関係により、東日本大震災時には、日本政府からの要請によりASIが保有するCOSMO-SkyMed衛星により緊急観測が行われ、その観測データは被災状況の早期把握のために活用されました。また、同衛星は、特にJAXAの地球観測衛星「だいち」の運用停止後から後継の「だいち2号」の運用が開始されるまでの間、日本の災害観測と災害時の衛星データ利用実証活動にも貢献しました。

今回の新たな協定により、JAXAとASIがそれぞれの衛星の強みを活かして補完することで、観測頻度と条件が向上し、特に水害、土砂災害時の衛星の実利用定着に貢献します。また、平時から互いの国の地形データを定期的に取得する協力を追加したことにより、災害時の被害情報抽出精度がより向上します。

 

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP