ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

運用が終了した衛星

陸域観測技術衛星
「だいち」(ALOS)

2017年8月24日

陸域観測技術衛星「だいち」データを用いた
全世界デジタル3D地図サービスが「Asia Geospatial Technology Innovation Awards 2017」を受賞

JAXAの陸域観測技術衛星「だいち(ALOS)」によって撮影された約300万枚の衛星画像を用いて、 JAXAと株式会社NTTデータ、一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC)が連携して整備した「AW3D全世界デジタル3D地図」が、 Geospatial Media and Communications主催のAsia Geospatial Excellence Awardにおいて「Asia Geospatial Technology Innovation Awards 2017」を受賞し、 8月23日にマレーシアにて授賞式が開催されました。


「だいち」の画像を用いたAW3Dは、一部の被雲域と雪氷域を除いた全世界陸地の起伏を水平解像度5m、高さ精度2.7mの世界最高精度で表現しています。 データ公開以降、NTTデータによる商用販売では70ヶ国以上、新しい分野での利用を含め300件超の導入実績があり、 JAXAが無償公開する水平解像度30m版はユーザ登録数が約11,000名、提供数が約2575万タイル(全世界陸地面積の約1,200倍に相当,2017年7月現在)と着実に増加しており、 地理空間情報の基盤データの一つとして定着しつつあります。


詳細は、NTTデータとRESTECのページをご覧ください。

NTTデータ

RESTEC


※Asia Geospatial Excellence Awardについて
「Asia Geospatial Excellence Award」は毎年1回、アジア太平洋地域の経済および社会への貢献を踏まえ、 アジア太平洋地域において、地理空間情報分野における応用実績、政策への適用、または優れた技術イノベーションを表彰するもので、 今回で第7回目を迎えます。選考対象はアジア太平洋地域で行われる地理空間情報に関連するプロジェクトであり、 特に地域の社会および経済への貢献度の高いものを対象とします。

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP