ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

仕事の始まりと終わり

機器のチェックを終え、一人立ちした衛星は与えられた仕事をこなしていきます。しかし、いつかは寿命を迎えるときが来るのです。

仕事の始まりと終わり

衛星に載っている機器の点検が終了すると、ついに衛星が宇宙に打ち上げられた目的を果たすために、仕事を開始するわけです。

画像:宇宙ネットワーク送受信棟

定常フェーズになると業務の効率化を目的として、衛星の観測機器や実験機器などミッション機器及び衛星のバス機器へのコマンド (指示内容) の送信や衛星からの信号の受信など、大半の衛星の管制運用業務は企業に委託されます。JAXAでは日々送られてくる衛星の状態レポートなどを参照しながら、無事でいるのか問題がおきていないかなど技術的な判断を下します。

宇宙ネットワーク送受信棟: DRTSなど静止衛星を運用するための設備を持っています。

地球観測衛星の場合ですと、地球観測利用推進センターがユーザ側の窓口となって、この地域を観測してほしいというような要求をとりまとめ、衛星の追跡管制システムへ送ります。管制担当はその要求に基づいて、衛星の運用計画を立て実際に運用を行うことになります。

定常段階に入ると、JAXA内の体制はかなり縮小されますが、衛星に不具合が起こったときなどの緊急事態には、衛星の開発グループなどが再び集まり、どういった対処をすれば無事に復旧できるのかなど検討していきます。 ただし、衛星は宇宙にありますので、故障しても直しに行くことはできません。 そのため、衛星には機器や配線を2重にしたりして信頼性を高め、事故が起こりにくくなるような工夫がされています。

一般には、衛星の寿命というものは衛星の軌道を保持するために必要な推薬 (燃料) で図られることが多いですが、最近の衛星はたいていバッテリなどの電源系が設計寿命を迎えて発電量が必要な量を満たさなくなるような現象で、ミッションの終了が検討されることが多くなっています。

衛星のミッションが充分に達成され、運用を終了してもよいという判断が下されると、デブリ (宇宙ゴミ) 発生防止のため、大気圏に落ちるよう低高度に軌道が修正され、すべての機器の電源をオフにして、さらに送信機が電波を出さないようにコマンドを送ります。こうした処置をとることで、衛星は地上から操作することが不可能となり、結果的に衛星の一生が終わったことになります。 その後、衛星は大気抵抗により次第に高度を落とし、何年か立った後に人知れず大気圏に突入し、燃え尽きてしまうのです。

しかし、私たちが打ち上げた衛星はすべて、みんなの思い出の中に星のように輝いているのでした。

めでたし、めでたし。

“仕事の始まりと終わり”に関わる人々

初期運用フェーズが終わり定常運用フェーズになると、追跡管制隊のような臨時的組織を中心とした対応から、再び定常的な組織による対応に戻ります。

  • システム技術開発部
    衛星から送られてくる衛星の状態にかかる信号を分析しするとともに、地上から衛星に対してコメント (指示) を送って、衛星の健康状態を管理します。
  • 地球観測利用推進センター (EORC: 打上げた衛星が地球観測衛星の場合)
    地球観測データを必要とする方からの注文を受けて、いつ、どの場所の観測データを取得するかという観測計画を立てます。観測したデータが常に適正であるようデータに補正したり、またデータを使用して自ら研究を行っています。
  • 通信・測位利用推進センター (打上げた衛星が通信・測位衛星の場合)
    予め用意された実験計画に沿って、自ら又は協力機関とともに、実験を行います。

「衛星の利用」について >>

衛星利用推進サイトでは、衛星利用に関する
さまざまな情報を紹介しています。

関連情報

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP