ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

衛星の検討と研究

どのような衛星が望まれているのか、技術的には大丈夫なのか、予算は十分かなどを考えながら衛星の設計図をつくっていきます。

衛星の検討

総合開発推進棟
筑波宇宙センターの中心となる施設です。宇宙利用ミッション本部のヘッドクォーターもあります。

人工衛星を開発する際には、開発の最初からプロジェクトが発足しているわけではありません。当然のことながら、まずどんな衛星を開発するかを検討します。
そして衛星のミッション(目的)はもちろん、検討する衛星について社会的な意義や需要はあるのか、現在保有する技術や資金面から判断して実現可能性があるかなどを考慮するため必要な研究活動を行います。 その後、開発段階へと進みますが、最初は概念設計と呼ばれるフェーズで、衛星のミッションを実現するために必要な技術について選択肢をあげ、与えられた条件の中でどの選択肢であれば目的を最適に実現できるかを検討したりします。
この概念設計が終了し衛星全体の概要が練られた段階で、概念設計が適切かどうか厳しく審査されます。 この審査に通って初めて衛星プロジェクトが誕生するのです。

“衛星の検討”に関わる人々

どういった衛星を開発するか発案を担当するのは、宇宙利用ミッション本部内のプロジェクト企画部門になります。
現在の組織でいうと地球観測にかかる衛星だと「地球観測利用推進センター」、 通信や測位にかかる衛星だと「通信・測位利用推進センター」です。これらの部門は、現在及び将来の社会における需要を第一に考えて、どんな衛星を開発するか検討するため、自分達の意見だけでなく、 官公庁、企業、研究所や大学など多くの方から、いろいろな意見を得ています。
彼らが検討した結果は、JAXA内での審査を経て、文部科学大臣の諮問機関である「宇宙開発委員会(SAC)」に諮られることになります。 そして、SACで認められ、晴れて衛星の研究が始まります。
研究を進め、概念設計を行う段階でプロジェクト準備チームが発足します。 この段階では、構成員は、3~5名程度です。ただし、この段階では、衛星を利用する人たち(EOCや共同研究機関)、運用する人たちなど様々な人たちから意見が集められます。
そして概念設計を終えた段階で、衛星の「プロジェクトチーム」が発足するのです。プロジェクトチームの構成員数は、7名~15名程度です。

関連情報

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP