ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

人工衛星Q&A

マジックテープも衛星の部品?

画像:マジックテープ

皆さんマジックテープって知っていますか?簡単に何回も貼ったりはがしたりできるテープのことです。きっと皆さんの身近にも何かを簡単に留めるときに良く使われていてなじみ深いと思います。 そのマジックテープが衛星の部品としても使われていることを知っていますか?

ちなみにこのマジックテープとは(株)クラレの商品名で、一般名称としては 「面ファスナー」と言うようです。 ただし、商品名があまりにも有名になった結果、一般的にも「マジックテープ」と呼ばれてます。宇宙用の「マジックテープ」は、月面着陸をしたアポロ計画の時に無重力で接着剤や磁力がなくても簡単に貼り付けられるものとして
NASAが開発したものです※1。なお、アメリカでは「ベルクロ」と呼ばれていますが、これも「面ファスナー」を製造している企業名で、日本と同様、商標が一般名称のようになってしまっています。 またアーサー・C・クラーク原作の有名な映画「2001年宇宙の旅」では無重力の宇宙船内を歩くために床と靴の裏にこのマジックテープを貼っているという設定になっていました。また実際スペースシャトルの船内でも良く使われています。

JAXA筑波宇宙センターの展示室の衛星モデルでマジックテープが使われているのを見ることが出来ます。どうぞ見学にいらして下さい。

※1 「マジックテープ」を世界で最初に発明したのはスイス人のジョルジュ・デ・メストラル氏という方です。詳しくは(株)クラレのホームページ「面ファスナー辞典」に解説されています。
なお、NASAとスイス人発明家、そしてマジックテープの関わりについては、「マジックテープはNASAが発明したんじゃないの?」もご覧下さい。

Q&A一覧

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP