ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

用語集

調べたい用語の頭文字のページをご覧ください。

N

NIES

地球観測分野

【正式名称】 National Institute for Environmental Studies(国立環境研究所)

旧環境庁の国立郊外研究所として発足し、1990年に前面改組、2001年1月の省庁再編成、その4月に独立行政法人となった。新組織化は、社会的要請の強い問題に即応する6つのプロジェクトチーム、環境政策の新たなニーズに対応する2つの研究センター、専門分野での研究を長期的展望で推進する6つの研究領域、すべての研究の基盤となるモニタリングや計測技術あるいは環境情報の提供を担う2つの研究支援センターを核とした構成となっている。

解説ページ

NMP/EO-1

地球観測分野

【正式名称】 New Millennium Program's first flight, Earth Observing-1

2000年11月21日打ち上げ。
ALIHYPERION、LEISAの3つのセンサを搭載している。Landsat-7ETM+と協力した形のデータ収集を行っている。

NOAA

地球観測分野

【正式名称】 National Oceanic and Atmospheric Administration(米国海洋大気庁 または 気象衛星NOAA)

解説ページ(英語)

NRSC

地球観測分野

【正式名称】 National Remote Sensing Center(ナショナルリモートセンシングセンター)

N-SAT-110

情報通信・測位分野

【正式名称】 N-SAT-110(110度衛星)

JSAT(株)と宇宙通信(株)の共同運用の通信放送衛星。

NSCAT

地球観測分野

【正式名称】 NASA Scatterometer(NASA散乱計)

みどり(ADEOS)搭載センサ。
2日ごとに、全海域の90%の風速と風向を天候に左右されることなく観測する。

地球観測研究センターサイト

N-STAR

情報通信・測位分野

【正式名称】 N-STAR(エヌスター)

NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモが運用する通信放送衛星。現在N-STARa、bがある。Ku、KaのトランスポンダはJSAT(株)が所有する。

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP