第4回アジア・太平洋水サミット (APWS)

公式サイドイベント(一般シンポジウム及び現地展示会)
『宇宙技術による水問題対策への貢献』の開催について
主催
JAXA
後援
文部科学省
言語
英語(日本語同時通訳あり)

一般シンポジウム

開催日
2022年4月23日(土)17:10-18:40(日本時間)
開催場所
熊本城ホール2F シビックホール、オンライン

現地展示会

開催日
2022年4月23日(土)12:30-18:40(日本時間)
2022年4月24日(日)10:30-17:00(日本時間)
開催場所
熊本城ホール1F 展示ホールB

概要

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2022年4月に熊本市で開催される第4回アジア・太平洋水サミット(APWS)の公式サイドイベントとして一般シンポジウムおよび現地展示会を開催いたします。

アジア太平洋地域は、水災害を中心にした気候変動に対して脆弱です。水災害の被害低減には、タイムリーな観測による現場の状況把握に加えて、短期の気象予測から長期の気候変動予測まで、予測能力を上げて対応していくことが課題となっています。

一般シンポジウムでは、国内外から専門家を招き、水災害や農業における課題に関する議論を行います。また、現地展示会では、JAXAの人工衛星や、人工衛星によって観測された水に関する情報が様々な分野で役立てられている具体的な活用事例をご紹介します。

ご関心ある方は、是非、ご参加ください。



アクセス

現地参加

当日は、サクラマチ側2階入口からご入場ください。

オンライン参加(シンポジウムのみ)

オンライン視聴登録者へ個別にご案内がある予定ですので、以下から参加登録をよろしくお願いいたします。

map

参加登録

事前参加登録が必須となります。「第4回アジア・太平洋水サミット(APWS)公式サイドイベントお申込みサイト」から参加登録をお願いいたします。

現地参加をご希望の方【2022年4月8日申込締切】

オンライン参加をご希望の方

アジア・太平洋水サミット(APWS)について

APWS は、アジア太平洋地域における首脳級が一堂に会し、水問題への取組みを国家の発展のための重要な政策の一つであると認識し、各国首脳による具体的な資源動員や行動を促すことにより、水課題を解決しようとする国際会議です。



一般シンポジウムのプログラム

 司会進行:JAXA第一宇宙技術部門長 寺田弘慈

開会の挨拶 文部科学省 林 孝浩 審議官  
キーノートスピーチ 駐日米国大使館(招待講演)
  ラーム・エマニュエル駐日米国大使(ビデオメッセージ)
  ジョン・C・テイラー 在福岡米国領事館首席領事(招待講演)
(10分)
第一部: 宇宙技術の紹介
JAXA理事長 山川宏 「JAXA衛星ミッションの水問題対策への貢献」 (10分)
NASA地球科学部門長 Dr. Karen St. German「NASAによる衛星の紹介」 (10分、
ビデオ講演)
第二部: パネルディスカッション「観測データに基づく水問題の解決に向けて」 (50分)
モデレータ: JAXA第一宇宙技術部門 地球観測研究センター長 沖 理子
パネリスト: 農林水産省 大臣官房 統計部
木村 恵太郎 統計企画管理官
土木研究所 水災害・リスクマネジメント国際センター 水災害研究グループ
Mohamed Rasmy 主任研究員
アジア開発銀行 持続的開発・気候変動局
Ms. Neeta Pokhrel, Chief of Water Sector Group
フィリピン大気地球物理天文局 水文気象部門
Mr. Socrates F. Paat, Jr., Assistant Weather Services Chief (オンライン参加)
フィジー気象局 気象予報センター/ナンディ地区特別気象センター
Mr. Stephen Meke, Acting Principal Scientific Officer (オンライン参加)
閉会の挨拶 JAXA第一宇宙技術部門長 寺田弘慈