ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

運用が終了した衛星

超高速インターネット衛星
「きずな」(WINDS)

2011年5月27日
超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)を使用した大阪~志布志航路フェリーでの海上ブロードバンド通信実験の実施結果について

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と株式会社フェリーさんふらわあは、超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)を使用し、同社運航の旅客船「さんふらわあ きりしま」(以下「本船」という)で海上ブロードバンド通信実験を実施し、世界一の通信速度を達成しました。JAXAが開発した「きずな」船舶実験局を定期運航中の本船に搭載し、当該局の機能性能並びに実利用性に関する検証を実施しました。

本成果により、海上でのブロードバンド・インターネット利用の可能性が拡がり、多チャンネルのハイビジョン映像の船舶送受信、大容量海洋観測データ伝送など各種用途に利用される将来性や新たなイノベーション創出の可能性が期待されます。

「きずな」船舶実験局の特徴

航行中の船舶においては、船舶の振動、波高、天候条件等により安定した衛星の捕捉が難しく、連続した高速通信の維持が困難となることがあります。今回開発した船舶実験局は動揺補償や衛星自動追尾の機能具備により、船からの上り通信速度は最大24Mbps、下り通信速度は最大155Mbpsに対応可能な仕様で、既存の船舶通信サービスと比較し下り通信で50倍以上、上り通信では40倍以上と、太平洋域のみならず世界一の通信速度となります。

開発の背景

JAXAでは、これまでに「きずな」国内ビーム(マルチビームアンテナ:MBA)を用いて航行中の船舶からのハイビジョン映像伝送等の実証実験を東京海洋大学の協力のもとに海洋開発研究機構と共同で実施してきました。アジア太平洋域における既存の船舶通信サービスに対して10倍以上もの高速通信を達成するなど、将来の海上ブロードバンド通信の実現に向け技術的な取り組みを実施してきました。

この実証実験で得られた船舶の動揺補償や衛星自動追尾など技術的知見に加えて、アジア太平洋域での利用性を拡張するため「きずな」アジア・太平洋ビーム(フェーズドアレーアンテナ:APAA)用の船舶実験局を開発しました。

実験概要
①実施日
平成23年5月24日(火)~26日(木)
②場所
「さんふらわあ きりしま」(大阪南港と鹿児島県志布志の太平洋航路往復(図1))、JAXA筑波宇宙センター、フェリーさんふらわあ神戸本部
③結果概要
本実験では、大阪南港~鹿児島志布志航路に就航中の本船「さんふらわあ きりしま」とフェリーさんふらわあ社神戸本部及びJAXA筑波宇宙センターを「きずな」を経由して実験しました。(図2、3)
本船に設置した船舶実験局(図4)により、波高などの条件や船首方向が変化する環境下においても安定して高速通信(上り通信速度:19Mbps、下り通信速度:114Mbps)が可能である事を確認しました。また本船上から乗船中の船員と地上勤務員とのハイビジョン品質でのTV会議や、インターネット利用などの利用実証を実施しました。(図5、6)
ハイビジョン画質のリアルタイムTV会議を利用した乗船員からは、“船内での急病患者や機材の故障の対応に使える。”また、インターネットを利用された乗船員からは、“外洋を走る船にとっては、陸との繋がりが電話だけなので、インターネット通信はありがたい。”とのコメントがありました。
図1 航路図 図2 通信構成の概要
図1 航路図 図2 通信構成の概要
図3 実験構成の概要
図3 実験構成の概要
図4 船舶実験局外観写真
図4 船舶実験局外観写真
図5 さんふらわあ きりしま」船内 テレビ会議の様子
図5 さんふらわあ きりしま」船内 テレビ会議の様子
 図6 さんふらわあ神戸本社 テレビ会議の様子
図6 さんふらわあ神戸本社 テレビ会議の様子

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP