ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

通信をする衛星(情報通信測位分野)

データ中継技術衛星
「こだま」(DRTS)

ミッション

人工衛星と地上間のデータ伝送をアシスト

「こだま」は日本が初めて打ち上げたデータ中継を専門とする人工衛星です。質量は約1,500㎏と、最近の静止衛星としては中型サイズです。「こだま」は、下の2つの大きなアンテナで地球観測衛星や国際宇宙ステーションと地上局の間のデータを中継します。

画像:「こだま」

さらに詳しく

国際宇宙ステーションや地球観測衛星など、中低高度の地球周回軌道を飛行する宇宙機が地上局と直接通信を行う場合は、それらの宇宙機が地上局から見える範囲を飛行していることが前提となります。
たとえば高度700kmの宇宙機では、ひとつの地上局と通信が確保できる時間は1回の可視あたり10分間程度です。そのため、連続した長時間の通信を必要とする場合は、世界各地に多数の地上局を設置する必要があります。
しかしデータ中継衛星を用いた通信では、静止軌道上に配置されたデータ中継衛星で地上局と高度1000km以下の軌道を飛行する宇宙機との通信を中継することにより、飛躍的な通信可能範囲の拡大を図ることができるのです。そのため、データ中継衛星を使用することによって、国土が限られたわが国においても僅かな地上局で宇宙機との通信範囲を飛躍的に広めることができます。

画像:DRTSを経由する通信可能領域(1機の場合)

画像:地上局との直接通信可能領域

ネットワーク実験

「こだま」では、従来から宇宙通信に広く用いられてきた周波数であるSバンド (2GHz帯) に加えて、Kaバンド (20~30GHz帯) を用いることにより、数百Mbpsの高速で大容量データの通信を行うことが可能になります。このデータ中継実験を通して、宇宙ネットワーク運用技術を修得します。

画像:ネットワーク実験

詳細を閉じる

「こだま」の形状や搭載パーツについて

画像:「こだま」の形状や搭載パーツについて

フィーダリングアンテナ

地上局の通信やデータの送受信に使用します。

太陽電池パドル

軌道上において太陽光を電池エネルギーに変換し、衛星に必要となる電力を供給します。

衛星間通信用アンテナ

国際ステーションや地球観測衛星との通信やデータの送受信に使用します。

仕様

「こだま」の仕様・打上げ

軌道 (Orbit) 東経90.75度 (Longitude 90.75 deg. East)
発生電力 (Electric Power) 2100W以上 (more than 2100W)
形状(Size) 衛星構体 (Structure) 2.2m x 2.4m x 2.2m
太陽電池パドル
(Solar Array Paddle)
2.4m x 7.3m (1翼あたり)
衛星間通信アンテナ
(Inter-Satellite Communication Antenna)
開口径約3.6m (Aperture Diameter Φ3.6m)
フィーダリンクアンテナ
(Feeder Link Antenna)
開口径約1.8m (Aperture Diameter Φ1.8m)
設計寿命 (Mission Life) 7年 (7years)
ミッション機器
(Mission Equipment)
Sバンド衛星間通信機器 (S-band Inter Satellite Communication Equipment)
Kaバンド衛星間通信機器 (Ka-band Inter Satellite Communication Equipment)
Kaバンドフィーダリンク機器 (Ka-band Feeder Link Equipment)
打上げ年月日 2002年9月10日
打上げロケット H-IIAロケット3号機

最新情報

2006年12月1日
欧州宇宙機関衛星の観測データ中継実験に成功

データ中継技術衛星「こだま」は、欧州宇宙機関(ESA)の地球観測衛星「Envisat」が観測したデータの中継実験に成功しました。実験は2006年4月と9月、それぞれの衛星の定常運用の合間を縫って行われました。

プロジェクト情報:こだま(DRTS)

2007年以前の最新情報

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP