ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

衛星の開発から運用までの道のり

① ミッションの決定

安全、安心で豊かな暮らしを実現するために、何が求められているのかを調査し、ミッションを決定します。そして、そのミッションの達成を目的とした人工衛星の開発がスタートします。

② 衛星の検討と研究

まだプロジェクトとしての形にもなっていない中で、どのように人工衛星の開発は始まるのでしょうか?

ここで発生する主な工程

  • 検討と研究
  • 概念設計
  • 審査と発案
  • プロジェクトプリチーム
  • プロジェクトチーム

詳細はこちら

③ 衛星の開発

衛星の開発はいくつかのフェーズに分かれており、各フェーズの終了時に審査会での検査を経て次へと進みます。

ここで発生する主な工程

  • 概念設計フェーズ
  • 予備設計フェーズ
  • 基本設計フェーズ
  • 詳細設計フェーズ
  • 維持設計フェーズ

詳細はこちら

④ 運用の準備

運用するための準備作業はロケット打上げ前から始まります。

運用の準備作業は大きく分けて2つの段階に分かれます。

  • 運用準備会
  • 追跡管制隊

詳細はこちら

⑤ 衛星の誕生

ロケットは衛星を宇宙へ運ぶために打上げられます。

ここで発生する主な工程

  • ロケット打上げと衛星分離
  • 衛星が自立するまで
  • ミッション開始に向けて

詳細はこちら

⑥ 仕事の始まりと終わり

衛星に載っている機器の点検が終了すると、ついに衛星の本格運用が始まります。私たちのくらしを豊かにするための衛星の利用がスタートします。

ここで発生する主な工程

  • 定常運用フェーズ

詳細はこちら

⑦ 衛星の利用

人工衛星は私たちの生活の中のいろいろな分野で利用されています。宇宙利用ミッション本部では科学研究の側面から画像を解析をする部門、実生活における画像の利用を推進する部門、国際協力をする部門がそれぞれ協力し合って衛星の利用を推進しております。

衛星利用推進サイトでは、衛星利用に関するさまざまな情報を紹介しています。

衛星利用推進サイト

関連情報

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP