ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

遠隔教育や遠隔医療といった分野でも、
役立つようになれば嬉しい

きずな(WINDS)プロジェクト小澤 悟

Q.小澤さんが現在担当されているお仕事を教えてください。

A.超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)プロジェクトチームで、「きずな」の開発を担当しています。「きずな」は世界最高速の衛星通信技術を実証する技術実証衛星です。日本と東アジア主要都市において、5mの地上アンテナに対して送受1.2Gbps、45cmの家庭用を想定した小型地上アンテナに対して送信155Mbps、受信6Mbpsの通信を実現します。日本を中心とする地球の1/3以上のあらゆる地域に対し、通信を行うことができる機能も持っています。これらの技術により、離島などデジタルデバイド地域や災害時にも高速通信を提供できるようになるほか、多地点の遠隔授業や映像コンテンツの高速配信も可能になります。

Q.プロジェクトチームの中での小澤さんの役割は?

「きずな」に搭載されるマルチビームアンテナの開発を主に担当しています。マルチビームアンテナとは、超高速の通信を可能にする高精度なアンテナのことで、このアンテナによって「きずな」は超高速な通信ができるんですよ。

Q.マルチビームアンテナについて、詳しく教えてください。

画像:きずな(WINDS)プロジェクト 小澤 悟

マルチビームアンテナは、「きずな」にある直径2.4mの2つの丸いアンテナ(主反射鏡)とそれに続く三角柱の部分です。「きずな」の目的である、5mの地上アンテナに対する1.2Gbps、45cmの地上アンテナに対する送信6Mbps、受信155Mbpsの通信を実現できるよう、いろいろな工夫がしてあります。たとえば、マルチビームアンテナの電波の照射エリアは比較的密集しています。このため、偏波グリッド板という特殊なパーツを搭載し、これまでの倍の密度で照射エリアを配置できるようにしています。また、「きずな」は1.1GHzというこれまでにない広い周波数帯域を使っています。そのため、安定した周波数特性を持つ機器の開発にもとても力を入れました。

Q.マルチビームアンテナは、これまでどのような試験が行われてきましたか?

(1)超高速通信を可能にする性能を達成しているか、(2)打ち上げ時の振動に耐えられるか、(3)宇宙という特殊な環境で性能を保てるか、の3点に注目してさまざまな試験を行ってきました。マルチビームアンテナは、36,000km上空の静止軌道から日本と東アジアの19のエリアに電波を送っており、電波を送る方向がちょっとでもずれると目的のエリアから外れてしまいます。また、宇宙空間では、主反射鏡は-150℃から+100℃という温度状態になり、鏡面が変形しやすくなります。マルチビームアンテナは、高い周波数の電波をたくさんの照射エリアに正確に送受信するため、このような過酷な温度環境に対して正確な鏡面を保てるように設計されています。このことを確かめるために、筑波宇宙センターの13mΦスペースチャンパという宇宙空間と同じ環境を作ることができる試験設備を使い、大規模な試験を行っています。

Q.「きずな」について期待することは?

もちろん、宇宙で大活躍してほしいです!「きずな」は、超高速通信を可能にするさまざまな技術を実証する衛星です。こうした世界最先端の技術が実証されると、将来、災害時でも、通信が不便な地域でも快適な通信が可能になります。遠隔教育や遠隔医療といった分野でも、「きずな」の技術が暮らしに役立つようになれば本当に嬉しいです!!

Q.宇宙を志した理由は?

画像:きずな(WINDS)プロジェクト 小澤 悟

子供の頃から動くものを作ることが好きでした。特に、ラジコンなど電気で動くものです。ときにはロボットのようなものを作ってみたりして、家族にも遊んでもらいました。なにかを動かす、その動かし方を勉強するため制御工学を学んでいくうちに、この技術を応用できる宇宙分野にたどりついたという感じです。人工衛星は特に動きがないように思えますが、マルチビームアンテナは、「きずな」の中でも特に動く部分なんですよ。打上げ直後に収納してある主反射鏡を開いたり、送りたい電波の方向によって副反射鏡の向きを変えたりと、忙しく動いています。

Q.趣味は?

ずばり旅行です。これまで国内外いろいろなところに行ってきました。中国、チベット、タイ、インドといったアジアの国々やアメリカなど。でも特に好きなのはヨーロッパです。ドイツやフランスやイタリアで、ヨーロッパにはたくさん友達もいます。僕は日本の文化に誇りをもっており日本が大好きで、ヨーロッパの友達と接していると、お互いの文化を尊重しあいながら日本についての新しい発見ができるのでとても楽しいです。

Q.最後にひとこと。

とにかく自分の興味があることにとことんチャレンジして、頑張ってください!そして、これからの「きずな」の活躍を応援してください!!

過去のインタビュー一覧

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP