ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

通信をする衛星(情報通信測位分野)

準天頂衛星初号機
「みちびき」

2014年9月11日

MADOCAプロダクト リアルタイムインターネット配信の開始のお知らせ

宇宙航空研究開発機構(以下、「JAXA」)は、2014年9月11日より、測位衛星の軌道等を高精度に求める複数GNSS対応高精度軌道時刻推定ツール「MADOCA(※1)」で作成したプロダクトのインターネット配信を開始しました。これにより、より多くの方がMADOCAプロダクトを用いた高精度な測位を利用できるようになります。

JAXAでは、高精度なリアルタイム測位サービスの実現に向けて、「みちびき」の実験用信号(※2)に対応した2周波受信機1台で10cm以下の精度で自分の位置を求めることができる測位技術「PPP(単独搬送波位相測位)(※3)」の開発を進めています。PPPには、数cmの精度で正確に推定された測位衛星の軌道等が必要であるため、並行して複数GNSS対応高精度軌道時刻推定ツール「MADOCA」を開発中です。

これまでは「みちびき」の実験用信号を経由してMADOCAプロダクトを配信していたため、「みちびき」が上空にある可視時間だけしか利用できませんでしたが、今回開始したインターネット配信により、「みちびき」の可視時間にとらわれることなく、MADOCAプロダクトを用いた高精度なリアルタイム測位やアプリケーション開発が行えるようになります。

 
【提供方法】
MADOCAプロダクトは、JAXAが整備したデータサーバより提供します。利用にあたっては、利用規約に同意の上、事前にアカウント申請を行う必要があります。MADOCAプロダクトのリアルタイムインターネット配信の詳しい内容は、英語となりますが、下記HPをご参照ください。
https://ssl.tksc.jaxa.jp/madoca/public/public_index_en.html

(※1) MADOCA(Multi-GNSS Advanced Demonstration Orbit and Clock Analysis):JAXAで開発している測位衛星の軌道等を高精度に推定するツール。「みちびき」だけでなく、アメリカの「GPS」やロシアの「GLONASS」にも対応しており、衛星信号が遮られやすい都市部や山間部でも測位をすることが可能となります。今後、対応衛星の拡張も予定しています。

(※2) 「みちびき」の実験用信号:ユーザがより正確な位置を知ることができるように、様々な補正情報を提供する「みちびき」独自の実験用信号。LEX信号を利用しています。

(※3) PPP(Precise Positioning System):測位衛星の正確な軌道等の情報を利用することで、2周波受信機1台で高精度に自分の位置を求める測位手法。

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP