ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球を見る衛星(地球観測分野)

気候変動観測衛星
「しきさい」(GCOM-C)

2014年12月26日

気候変動観測衛星「GCOM-C」のミッションマークが決定しました

気候変動観測衛星「GCOM-C」のミッションマークが決定しました。
GCOM-Cは、気候変動に影響を及ぼしているとされる地球上の様々なデータ(雲、エアロゾル(大気中のちり)、海色(海洋プランクトン)、植生(森林)、雪氷等)を取得して、温暖化などの気候変動メカニズムの解明や、黄砂の飛来状況監視、海洋プランクトンの観測による漁場推定などに使用する予定の人工衛星です。

GCOM-Cのミッションマークは、観測対象である雲・エアロゾル(大気中のちり)・植生(森林)・雪氷・海をシンプルに図案化しています。また、基本カラーには日本の伝統色「常磐色(ときわいろ)」を採用しました。常盤色には松や杉などの常緑樹の葉の色のように、常に変わらず長く続く繁栄への願いが込められています。

GCOM-Cは、平成28年度の打上げに向けて開発を進めています。


気候変動観測衛星「GCOM-C」のミッションマーク

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP