ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

通信をする衛星(情報通信測位分野)

技術試験衛星VIII型
「きく8号」(ETS-VIII)

「きく8号」の運用終了について

 平成29年1月10日 午後3時25分(日本時間)に技術試験衛星VIII型(ETS-VIII)「きく8号」の停波作業を実施し、運用を終了したのでお知らせします。


 「きく8号」は平成18年12月18日に打ち上げられてから、3年間のミッション期間を超えて運用を継続しており、昨年の12月18日には、バス設計寿命である10年間も経過しました。その後、衛星の姿勢・軌道制御に使用する燃料が残り少なくなっていることから、運用終了に向けた作業を進めていましたが、1月10日をもって運用を終了しました。
運用終了に向け、運用中の他静止衛星に影響がないよう、静止軌道から離脱し、停波作業を完了しました。


最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP