ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

通信をする衛星(情報通信測位分野)

技術試験衛星VIII型
「きく8号」(ETS-VIII)

第二十八回電波技術協会賞の受賞について

 JAXAの辻畑 昭夫特任参与(元きく8号プロジェクトマネージャ)が「大型静止通信衛星と大型展開アンテナにおける先端技術開発」に貢献した功績により、電波技術協会から第二十八回電波技術協会賞を受賞しました。
 電波技術協会賞はラジオ、テレビ、無線通信などの、技術振興に貢献した個人に贈られる賞で、JAXAでは2012年以来2回目の受賞になります。
 辻畑特任参与は長年にわたり、人工衛星のアンテナ技術の開発・利用の開発と利用に携わっていました。特に、技術試験衛星「きく8号」ではプロジェクトマネージャとして、開発・実証の中心的役割を果たし、その衛星バス技術はその後の国産静止通信衛星にも活かされています。

 授賞式は11月7日に東京都内で行われました。

授賞式

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP