ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球を見る衛星(地球観測分野)

地球観測衛星
「Aqua/AMSR-E」

「Aqua/AMSR-E」2007年以前の最新情報

2007年8月16日
北極海での海氷面積が観測史上最小に
-今後さらに予測モデルを大幅に上回る減少の見込み-

海洋研究開発機構(理事長 加藤康宏、以下JAMSTEC)及び宇宙航空研究開発機構(理事長 立川敬二、以下JAXA)は、海洋・大気観測データ、衛星観測による海氷データを共同で解析した結果、北極海における海氷面積が、過去最小を記録した2005年夏を大幅に上回るペースで減少し、8月15日に 1978年から開始された衛星観測史上最小となったことを確認しました。海氷の減少は、9月中旬まで続き、海氷面積はさらに大幅な減少となる見込みです。この海氷の減少は、IPCC第4次報告書で予測されている北極海での海氷の減少を大幅に上回るもので、このような観測と予測の大きな差は、予測モデルでは北極海で起こっている現象が十分に表現されていないことの現れであると考えられます。

詳しく読む(JAXAプレスリリース)

2005年8月31日
改良型高性能マイクロ波放射計(AMSR-E)の運用成果について

AMSR-Eの運用成果について宇宙開発委員会に報告しました。

詳しく読む(JAXAプレスリリース)

2005年8月31日
改良型高性能マイクロ波放射計(AMSR-E)の
一部データ欠損に関する原因究明について

AMSR-Eの一部データ欠損に関する原因究明について宇宙開発委員会に報告しました。

詳しく読む(JAXAプレスリリース)

2004年12月14日
AMSR/AMSR-E台風データベースを公開

画像:AMSR/AMSR-E台風データベースを公開

これまでに環境観測技術衛星ADEOS-II搭載のセンサAMSRと、地球観測衛星Aqua搭載のセンサAMSR-Eによって観測された、世界中の台風のデータをダウンロードできます。

AMSR / AMSR-E台風データベース

2004年12月7日
Aqua/AMSR-Eによる「El Nino Watch (エルニーニョ・ウォッチ)」のページを公開

画像:Aqua/AMSR-Eによる「El Nino Watch (エルニーニョ・ウォッチ)」のページを公開

AMSR-Eは、地表や大気から自然に放射される微弱な電波 (マイクロ波) を複数の周波数帯で高精度に観測し、地球の水に関する物理データを取得するマイクロ波センサです。これにより海面の動向を継続的に監視することが可能です。宇宙航空研究開発機構 (JAXA) 地球観測利用推進センター (EORC) では、今後も海面水温の変化を衛星から観測しエルニーニョ現象などの気候変化を見守っていきます。

El Nino Watch

2004年11月30日
天気予報業務でのAMSR-Eデータ利用始まる

平成16年11月17日から、気象庁の天気予報業務でのAMSR-Eデータ利用が開始されました。近年の天気予報では、コンピュータ上で大気の動きを再現し、将来の予測を行う数値天気予報が一般的になっています。数値天気予報の正確さは、初めに与える観測情報の量や質と、数値モデルの精度に大きく依存します。衛星観測は、データを取得することが難しい広大な海洋上などでも均質な情報を定期的に得ることができるため、数値天気予報の入力情報として重要となっています。

JAXAプロジェクト・トピックス

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP