ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球を見る衛星(地球観測分野)

陸域観測技術衛星2号
「だいち2号」(ALOS-2)

2014年3月14日

だいち2号(ALOS-2)の種子島への輸送の模様

「だいち2号(ALOS-2)」機体が、組立・試験が行われていた三菱電機の鎌倉工場から種子島宇宙センターに向けての輸送された様子をレポートします。

「だいち2号」の機体輸送の準備は2月21日のお昼頃から始まりました。輸送準備が整った22日の深夜1時頃に、大型車両に乗せて、鎌倉工場から川崎港へ向けての輸送が開始されました。

川崎港に到着した「だいち2号」はそこで船積みされて56時間をかけて、種子島の島間港まで船で運ばれました。

その後は交通量が少なくなる夜間まで待機した後、再び大型車両で種子島宇宙センターまで輸送されました。

種子島宇宙センターに輸送された「だいち2号」は第2衛星組立棟(STA2)に搬入されて、打上げ向けた様々なチェックアウト作業が行われます。

最新情報一覧 プロジェクトTOPへ戻る

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP