ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

人工衛星セミナー資料

本ページでは、2009年度JAXA人工衛星セミナー(報道関係者様向け)で使用された資料をダウンロードすることができます。(全7回)

第7回 2010年1月14日(木)
超高速インターネット衛星「きずな」の超高速・大容量通信のしくみ(その2)
「アクティブ・フェーズドアレイ・アンテナ(APAA)編」

画像: 第7回 2010年1月14日(木) 超高速インターネット衛星「きずな」の超高速・大容量通信のしくみ(その2)「アクティブ・フェーズドアレイ・アンテナ(APAA)編」

講師 :
宇宙利用ミッション本部 衛星利用推進センター
開発員 朴澤 佐智子
  • 硫黄島からの皆既日食中継の技術/デジタルデバイド地域における衛星通信
  • センチネルアジアにおける「きずな」の利用

「きずな」がカバーする通信可能範囲は日本だけに留まりません。アジア諸国、太平洋主要都市など、地球のほぼ半分という実に広大な地域をカバーします。幅広いエリアにおいて効率の良い超高速通信を実現するために、アクティブ・フェーズドアレイ・アンテナを搭載。通信が多く行われている地域に向けてアンテナを高速で制御する、ハイ・パフォーマンスな超高速通信についての内容です。

資料を別ウィンドウで開く(PDF:約3.5MB)

第6回 2009年12月10日(木)
準天頂衛星プロジェクトについて

画像: 第6回 2009年12月10日(木) 準天頂衛星プロジェクトについて

講師 :
宇宙利用ミッション本部
準天頂衛星初号機「みちびき」プロジェクトチーム
プロジェクトマネージャ 寺田 弘慈
  • 準天頂衛星はどう役に立つのか
  • 準天頂衛星軌道とは何か
  • 海外の測位衛星システムの整備状況とその違い

準天頂軌道に衛星を配置することにより、山間部、ビル陰などに影響されず、GPSの利用時間率、精度、信頼性を改善する測位サービスを提供する準天頂衛星初号機「みちびき」についての内容です。

資料を別ウィンドウで開く(PDF:約4MB)

第5回 2009年10月6日(火)
「だいち」緊急観測 観測から画像公開までのプロセス(その2)

画像: 第5回 2009年10月6日(火)「だいち」緊急観測 観測から画像公開までのプロセス(その2)

講師 :
宇宙利用ミッション本部 地球観測センター
研究領域リーダ 島田政信
  • レーダ観測のしくみ
  • 地震による地殻変動とインターフェロメトリ(干渉縞)ができるまで
  • 「だいち」画像からわかること。「ふよう1号」からの進化

地震直後の地殻変動は発生前後のレーダ画像を比較することで、その変動の大きさを知ることが可能です。今回は画像の干渉(比較)処理の方法と干渉画像の読み解きについての内容です。

資料を別ウィンドウで開く(PDF:約7MB)

第4回 2009年9月29日(火)
「だいち」緊急観測 観測から画像公開までのプロセス(その1)

画像: 第4回 2009年9月29日(火) 「だいち」緊急観測 観測から画像公開までのプロセス(その1)

講師 :
宇宙利用ミッション本部 地球観測研究センター
主任研究員 田殿武雄
  • 衛星データから光学画像ができるまで
  • 光学センサの原理や分解能について

世界各地で発生する自然災害に対して、いかに早く観測し、解析結果を出すか、毎回時間との勝負です。今回は光学センサの原理や分解能など基本的な仕組みに加え、緊急観測における光学画像の解析処理についての内容です。

資料を別ウィンドウで開く(PDF:約6.7MB)

第3回 2009年9月3日(火)
北極海の海氷面積 ここ数年の傾向と今年の最新状況

画像: 第3回 2009年9月3日(火) 北極海の海氷面積 ここ数年の傾向と今年の最新状況

講師 :
宇宙利用ミッション本部 地球観測研究センター
研究員 堀 雅裕
  • 人工衛星から見た近年の北極海の海氷は、その姿を大きく変えつつあります。記録的な減少が起こった2007年には、春の段階で海氷の厚い領域の面積が大きく減少していました。

JAXA開発のAMSR-Eセンサがとらえた春の海氷状況に、アメリカの地球観測衛星に搭載されているMODISセンサによる夏季の天候状況をあわせて海氷状況を診断します。

資料を別ウィンドウで開く(PDF:約20MB)

第2回 2009年7月14日(火)
超高速インターネット衛星「きずな」の超高速・大容量通信のしくみ

画像: 第2回 2009年7月14日(火) 超高速インターネット衛星「きずな」の超高速・大容量通信のしくみ

講師 :
宇宙利用ミッション本部 衛星利用推進センター
開発員 朴澤 佐智子
  • 「きずな」を介したデータ(情報)の流れ

地上の端末から「きずな」を介して、指定されたエリアの地上の端末へ、どのようにデータ(情報)が伝送されていくのか、今後の実験の事例も交えた通信のしくみについての内容です。

資料を別ウィンドウで開く(PDF:約2.6MB)

第1回 2009年6月11日(木)
衛星の軌道と打上げ時刻

画像: 第1回 2009年6月11日(木) 衛星の軌道と打上げ時刻

講師 :
研究開発本部 誘導・制御グループ
グループ長 岩田 隆敬
  • 軌道の原理と種類(地球観測衛星や通信衛星の軌道)
  • 衛星の打上げ時刻とロンチウィンドウが決まるまで

打上げ時刻やロンチウインドウは、搭載している衛星のミッション要求によって異なります。軌道のしくみと種類、そしてミッション要求と軌道の関係から導き出される打上げ時刻の決定についての内容です。

資料を別ウィンドウで開く(PDF:約2MB)

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP