ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

用語集

調べたい用語の頭文字のページをご覧ください。

W

W3A

情報通信・測位分野

2004年3月15日にバイコヌールからProton Breeze Mロケットにより打ち上げられたユーテルサットの通信衛星。トルコを含む欧州、中東、アフリカなどの通信を担う。

WCAP

地球観測分野

【正式名称】 World Climate Application Program(世界気候利用計画)

現在はWCASP
持続可能な発展のための気候情報の利用を促進するためのWCPのプロジェクト。

WCASP

地球観測分野

【正式名称】 World Climate Application and Services Programme(世界気候利用計画)

持続可能な発展のための気候情報の利用を促進するためのWCPのプロジェクト。

WCDMP

地球観測分野

【正式名称】 World Climate Data and Monitoring Programme(世界気候資料計画)

WMOのメンバー国に対して、全球気候システムに関する既存の観測システムからもたらされる信頼性の高いデータおよび成果を提供することを目的とするWCPのプロジェクト。

WCDP

地球観測分野

【正式名称】 World Climate Documentation Program(世界気候資料計画)

現在はWCDMP
WMOのメンバー国に対して、全球気候システムに関する既存の観測システムからもたらされる信頼性の高いデータおよび成果を提供することを目的とするWCPのプロジェクト。

WCIP

地球観測分野

【正式名称】 World Climate Influence Investigation Program(世界気候影響調査計画)

現在はWCIRP
政策立案の際に気候影響への配慮を行い、各国の、自然的・人為的に起こる気候変動の経済・社会的影響に対する警告能力を向上させることを目的とするWCPのプロジェクト。

WCIRP

地球観測分野

【正式名称】 World Climate Impact Assessment and Response Strategies Programme
(世界気候影響調査計画)

政策立案の際に気候影響への配慮を行い、各国の、自然的・人為的に起こる気候変動の経済・社会的影響に対する警告能力を向上させることを目的とするWCPのプロジェクト。

WCP

地球観測分野

【正式名称】 World Climate Program(世界気候計画)

WMO (世界気象機関) が全体調整を行っている国際研究計画。
気候変動に関する信頼できる科学的知見を集積すること、各国の持続可能な発展のための気候情報・知見の適用を援助することおよび1992年のUNCED (国連環境開発会議) において策定されたアジェンダ21の実行を支援することを目的としている。

WCRP

地球観測分野

【正式名称】 World Climate Research Program(世界気候研究計画)

WCPのサブプログラムの1つで、ICSU (国際学術連合会議) およびUNESCO (国連教育科学文化機関) / IOC (政府間海洋学委員会) が協同で推進している研究計画。
気候の予測可能性および人間活動の気候に与える影響を評価するために必要な、気候システムおよび気候プロセスの基礎的な科学的理解を発展させることを目的としている。

WINDS

情報通信・測位分野

【正式名称】 Wideband InterNetworking engineering test and Demonstration Satellite
(超高速インターネット衛星)

最大3.2Gbpsの超高速でデータ通信を行なうことができる超高速インターネット衛星。

人工衛星プロジェクト「きずな」(WINDS)

WMO

地球観測分野

【正式名称】 World Meteorological Organization(世界気象機関)

1951年より国連の機関としての運営を開始。
気象、水文およびその他の観測所の国際的なネットワーク構築に協力すること、気象情報の迅速な交換を促進すること、気象観測の標準化を促進すること、一定のフォーマットで観測結果および統計結果を公表すること、航空、海運、水問題、農業およびそのほかの人間活動に対する気象学の応用を推進すること、水文学の発展を促進すること、気象学における調査および教育を奨励することを目的としている。

解説ページ(英語)

WWW

地球観測分野

【正式名称】 World Weather Watch(世界気象監視計画)

グローバルな気象観測・データ収集を行う最初の計画として、WMO (世界気象機関) により1963年に開始された。全世界の即時的気象関連情報を提供することおよび、これらに関する世界中からの情報についてデジタル化されたデータセットを集積することを目的としている。

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP