ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

用語集

調べたい用語の頭文字のページをご覧ください。

G

G/T

情報通信・測位分野

【正式名称】 Gain-to-Noise Temperature Ratio(利得対雑音温度比)

受信性能を表すときに用いる。

GARP

地球観測分野

【正式名称】 Global Atmospheric Research Program(全球大気研究計画)

解説ページ(英語)

GCOM

地球観測分野

【正式名称】 Global Change Observation Mission(地球環境変動観測ミッション)

マイクロ波と可視赤外の2つの波長域で地球環境変動に関わる地表面温度、水蒸気、植生、雪氷面積などのパラメータとその変化を全球規模で長期間継続観測し、気候や地球環境の変動過程解明や、予測精度の向上、国民生活への貢献を目指したミッション。
水循環に関わるパラメータの観測を水循環観測衛星GCOM-W (Water) が主に担い、植生・炭素固定や放射収支に関わるパラメータの観測を気候変動観測衛星GCOM-C (Climate) が主に担う。

GCOM-C

地球観測分野

【正式名称】 Global Change Observation Mission-Climate (気候変動観測衛星)

将来の気温上昇量の正確な予測に必要となる放射収支および炭素循環の変動メカニズム解明のため、全地球規模での長期間継続的な観測・データ収集を行う。

人工衛星プロジェクトGCOM-C

GCOM-W

地球観測分野

【正式名称】 Global Change Observation Mission-Water (水循環変動観測衛星)

気候や水循環の変動メカニズムを解明するために必要となる観測データを全球規模での長期継続して観測するシステムの構築とその利用実証を行う。

人工衛星プロジェクトしずく(GCOM-W)

GCOS

地球観測分野

【正式名称】 Global Climate Observing System(全球気候観測システム)

GCOS参加国の持続可能な発展を助けるために、気候システムモニタリング気候変動検出および特に陸域生態系における反応の監視、経済成長に関するデータの蓄積、気候システムに関するより深い理解、モデル化および予測のための調査研究といった活動を実施する。

GEROS

地球観測分野

【正式名称】 Geophysical & Environmental Research (GER) Corporation Earth Resource Observation System(ジローズ)

米GER社の地球観測衛星。

GEWEX

地球観測分野

【正式名称】 Global Energy and Water Cycle Experiment(全球エネルギー・水循環実験計画)

WCRPのプロジェクトの1つとして、大気、地表面および海洋表層における水循環およびエネルギーフラックスの観測とモデル化を行うことを目的として、1988年に開始された研究計画である。
この目的を達成するため次の4つの計画目標を掲げている。

1.大気および地表面の特性の全球的な観測による水循環とエネルギーフラックスの把握
2.全球水循環と、その大気・地表面・海洋への影響のモデル化
3.全球および地域的な水循環過程および水資源の変動、ならびに環境変動に対するそれらの応答の予測能力の開発
4.長期的な気象予報、水文、気候予測への応用のための観測技術の開発及びデータ管理・同化システム開発の前進

解説ページ(英語)

GLI

地球観測分野

【正式名称】 Global Imager(グローバル・イメージャ)

ADEOS-II搭載センサ。
海域を含めた地球表面及び雲からの太陽反射光あるいは赤外放射光をグローバルかつ高頻度で観測し、クロロフィル濃度、溶存有機物、表面温度、植生分布、植生バイオマス、雪氷分布、雪氷アルベドなどの物理量を測定することを目的とした光学センサ。
海表面温度、海色など海洋のデータを高頻度に得ることに適したセンサ。可視近赤外域 (VNIR) に23チャンネル、短波長赤外域 (SWIR) に6チャンネル、中間・熱赤外域 (MTIR) に7チャンネルを持つ。

GMS

地球観測分野

【正式名称】 Geostationary Meteorological Satellite(静止気象衛星)

日本の気象衛星シリーズ。GMS-1は1977年に米国から打ち上げられ、GMS-2、GMS-3、GMS-4は種子島宇宙センターからの打上げられた。GMS-5は2003年5月22日に米国のGOES-9へと移行された。

解説ページ

GODAE

地球観測分野

【正式名称】 Global Ocean Data Assimilation Experiment

温度、海洋の塩分、速度構造、季節のに10年の気候予測などを計測し、準リアルタイムのグローバルな海洋データの実際的デモンストレーション、分析を実施する海洋学研究

GOES

地球観測分野

【正式名称】 Geostationary Operational Environment Satellite(静止気象衛星 (米国))

米国の気象衛星シリーズ。

解説ページ(英語)

GOIN

地球観測分野

【正式名称】 Global Observation Information Network(地球観測情報ネットワーク))

日米間で地球観測情報の相互利用ネットワークを構築するための協力的な活動。
1993年7月に日本の総理大臣と米国の大統領によって開始することが合意された日米包括経済協議の「地球的展望に立った協力のための共通課題」の一つとして実施された。
1995年6月には、GOINデモンストレーションが開催され、JAXA (旧NASDA) はGOINの技術専門家作業部会の共同議長として、この開催を支援した。

GOME

地球観測分野

【正式名称】 Global Ozone Monitoring Experiment

ERS-1ERS-2搭載センサ。
オゾン、CFCs等を計測する。

GOMOS

地球観測分野

【正式名称】 Global Ozone Monitoring by Occultation of Stars)

ENVISAT搭載センサ。
オゾン、温度、水蒸気、NO2、NO3、OClO等を計測する。

解説ページ(英語)

GOOS

地球観測分野

【正式名称】 Global Ocean Observing System(全球海洋観測システム)

海洋に関する科学的データを世界的に収集する持続的な観測システム。データ提供による持続可能な発展に寄与する。
UNESCO(国連教育科学文化機関) のIOC (政府間海洋学委員会)、WMO (世界気象機関)、UNEP(国連環境計画) およびICSU (国連学術連合会議) がスポンサー。IOCが中心的な実行機関。

GOSAT

地球観測分野

【正式名称】 Greenhouse gases Observing SATellite(温室効果ガス技術衛星)

2007年度の打上げを予定して開発研究を進めてる。JAXAと環境省が共同で開発・利用する温室効果ガス・ オゾン観測センサ及びESAが開発する成層圏風観測装置 (SWIFT) を主要センサとし て搭載し、傾斜軌道から二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素等の温室効果気体物質 とオゾン層の状態監視のためオゾンやCFC等、大気微量成分の観測する予定。

人工衛星プロジェクトGOSAT

GOSAT-2

地球観測分野

【正式名称】 Greenhouse gases Observing SATellite(温室効果ガス観測技術衛星2号)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)、環境省(MOE)、国立環境研究所(NIES)の3機関による共同プロジェクトで、2009年に打上げた温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の後継機。

人工衛星プロジェクトGOSAT-2

GPM

地球観測分野

【正式名称】 GPM (Global Precipitation Measurement)(全球降水観測計画)

NASA、JAXAとNICTが中心となり推進している、TRMMの後継・拡張ミッション。
降水レーダとマイクロ波放射計を搭載した太陽非同期軌道衛星1機 (主衛星) と、 マイクロ波放射計を搭載した太陽同期極軌道衛星 (副衛星) 複数機から構成される。

人工衛星プロジェクトGPM/DPR
解説ページ(英語)

GPS

情報通信・測位分野

【正式名称】 Global Positioning System(全地球測位システム)

米国国防省の24個以上の地球を周回する衛星による測位システムのこと。この測位衛星からの情報を受信すると、現在いる場所の緯度経度を正確に計算・把握することができる。

参照ページ

GRACE

地球観測分野

【正式名称】 Gravity Recovery and Climate Experiment

太陽極大期に合わせて2002年3月打ち上げられた2つの衛星。

Gruzomaket

情報通信・測位分野

大陸弾道弾 (ICBM) を転用したストレーラロケット試験打上げの際に低軌道に投入されたダミーペイロード。

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP